プレイヤーズサイトトップへ戻る

チャット

チャット発言中

チャットはキーボードでテキストを入力して行います。入力したテキストはフキダシの形で表示され、さまざまな効果や演出を伴わせることができます。

入力モード

入力モードには【Enter】を押してからテキストを入力する通常モードと、すぐにテキスト入力を開始する「ダイレクトチャット」があります。入力モードは【Scroll Lock】か、「メインメニュー」→「オプション」→「基本設定」→「コミュニケーション設定」の「ダイレクトチャット」で切り替えることができます。なお、「ダイレクトチャット」をONにしている場合でも、[Ctrl]を押しながらいずれかの文字キーを入力すると、キーボードショートカットを実行することができます。

ログウィンドウの見方

ログウィンドウの見方

ログウィンドウは、チャットやシステムメッセージのログや、自分の入力するテキストを表示するウィンドウです。

1.ログ切り替え表示するログの種類を切り替えます。
2.ログチャットやシステムメッセージの履歴が表示されます。
3.チャット発言先の切り替えチャットの発言先を切り替えます。「ウィスパーチャット」にした場合、「…」を選んでログイン中の履歴から送信するプレイヤーを選びます。
4.チャットウィンドウここにチャットで発言したいテキストを入力します。

※チャット発言先の設定によって、ウィンドウ内背景のカラーが変わります。

5.フキダシチャット表示時のフキダシを変更します。
6.漫符チャット表示時のフキダシに効果を添えます。
7.カットインチャット表示時にカットインを入れます。
8.ロビーアクションチャット表示時にロビーアクションを伴わせます。
9.シンボルアート保存してあるシンボルアートを選び、チャットとして表示します。
10.連続入力通常入力(発言後にウィンドウを閉じる)と連続入力(発言後にウィンドウを閉じず、続けてチャットを入力する)を切り替えます。
11.発言テキスト入力を確定して発言します。テキスト入力時に入力内容が確定している状態で【Enter】でも発言します。
12.ヘルプヘルプウィンドウを開きます。
13.表示形式変更ログウィンドウの表示形式を切り替えます。

チャットコマンド

チャットコマンド入力中

チャット表示時に効果や演出を添えるコマンドです。「/toge(フキダシを強調)」や「{red}(文字色を赤にする) 」などがあります。

ログウィンドウの利用

フキダシ・漫符・カットイン・ロビーアクションは、ログウィンドウのボタンから選ぶと自動的にチャットコマンドとして入力します。

文字色の変更

文字色は以下のチャットコマンドで変更できます。

赤:{red}ベージュ:{bei}緑:{gre}すみれ色:{vio}黒:{blk}橙:{ora}
黄色:{yel}青:{blu}紫:{pur}灰色:{gra}白:{whi}デフォルト:{def}

シンボルアートの発言コマンド

「/symbol1」~「/symbol10」のチャットコマンドで、シンボルアートリストのスロット1~10に保存されているシンボルアートを発言できます。

文字列代入コマンド

以下のチャットコマンドで、自分のキャラクター名や現在地のマップ座標などを代入できます。

<me>自分のキャラクター名
<area>現在地のエリア名
<pos>現在地のマップ座標
<target>または<t>現在ターゲット中の対象名
<weapon>または<wp>現在装備中の武器名
<photonarts>または<pa>直前に使用したフォトンアーツ名
<technic>または<tc>直前に使用したテクニック名
<skill>または<sk>直前に使用したスキル名
<et1>または<et2>または<et3>現在発生しているエマージェンシートライアル名
(発生したタイミングが新しい順に<et1><et2><et3>となります)
<basecolor>または<bc>自分に一番近い位置にある拠点の色
(「採掘基地防衛戦」のクエストでのみ、拠点の色をチャットに表示します)

メインパレット・サブパレット・コスチューム・武器迷彩変更コマンド

以下のチャットコマンドで、メインパレットや武器迷彩、コスチュームなどを変更することができます。

/mainpalette1~/mainpalette6
または
/mpal1~/mpal6
メインパレットを、指定した番号に切り替えることができます。

※使用できる状態のパレットの番号より大きい数字をいれた場合は切り替わりません。

/subpalette1~/subpalette18
または
/spal1~/spal18
サブパレットを、指定した番号に切り替えることができます。

※使用できる状態のパレットの番号より大きい数字をいれた場合は切り替わりません。

/costume アイテム名
または
/cs アイテム名
装備中のコスチューム、パーツを変更することができます。「アイテム名」の部分に任意のコスチューム、パーツの名称を入力して使用してください。(パーツの場合は、ボディ・アーム・レッグを個別に変更することができます)

※変更したいコスチューム、パーツがアイテムパックに入っている必要があります。

/camouflage アイテム名
または
/cmf アイテム名
装備中の武器迷彩を変更することができます。「アイテム名」の部分に任意の武器迷彩の名称を入力して使用してください。

※変更したい武器迷彩がアイテムパックに入っている必要があります。

カットイン表示の明るさ調整

「/ci1 1」などのカットインを表示するチャットコマンドの後に「t1」~「t5」と入力することで、カットイン表示の明るさを5段階(「t1」が最も暗く「t5」が最も明るい)で指定できます。

例:「/ci1 1 t5 よろしく!」「/moya /ci4 3 t1 ごめんなさい」

発言先のチャンネル指定コマンド

ログウィンドウの現在の「チャット発言先」設定にかかわらず、チャット文中で発言先指定ができます。「/a」で周囲に、「/p」でパーティーに、「/t」でチームに対して発言するチャットになります。オートワードやショートカットにも指定できますので、たとえば回復してもらった時のオートワードに「/a ありがとう!」と設定すれば、周囲への発言(他のパーティーの人にも見える)になります。

※ただし、フレンドパートナーとして発言する時は、かならずパーティーチャットになります。

ボイス再生コマンド

以下のチャットコマンドで、キャラクターに設定しているボイスを再生できます。

/vo1打撃攻撃を行った時のボイスがランダムで再生されます。
/vo2射撃攻撃を行った時のボイスがランダムで再生されます。
/vo3テクニック(前方攻撃)を行った時のボイスが再生されます。
シンプルボイスを選択している場合は、ランダムで再生されます。
/vo4テクニック(周囲、回復など)を行った時のボイスが再生されます。
/vo5小さなダメージを受けた時のボイスが再生されます。
/vo6大きなダメージを受けた時のボイスが再生されます。
/vo7戦闘不能から復活した時のボイスが再生されます。
/vo8戦闘不能になった時のボイスが再生されます。
/vo9フォトンブラストを使用した時のボイスが再生されます。
/vo10特別なアクションを行った時のボイスが再生されます。
/vo11チャージ攻撃を行った時のボイスが再生されます。
/vo12WEB用のサンプルボイスが再生されます。追加ボイスを選択している場合のみ、使用することができます。
/vo13~/vo22コラボレーションボイスなど一部の追加ボイスを選択している場合のみ、原作キャラクターの台詞ボイスが再生されます。

※シンプルボイスを選択している場合は、違うコマンドであっても同じボイスが再生されるものがあります。

入力方法

チャットコマンドの後に発言したいテキストを入力しましょう。発言すると効果や演出が伴った個性豊かなチャットを表示できます。

ウィスパーチャット

ウィスパーチャット入力中

特定の相手にのみチャットを送信できる「ウィスパーチャット」は以下の方法で行います。

チャットログの保存先

チャットログのテキストファイルは、お使いのPCの「(マイ)ドキュメント」→「SEGA」→「PHANTASYSTARONLINE2」→「log」内に保存されています。テキストやチャットコマンドの確認、ショートカットワードやオートワード登録への引用などにご利用ください。

オンラインマニュアル

メニュー開閉ボタン

初めに

セットアップ編

操作/メニュー編

準備編

戦闘編

コミュニケーション編

オンラインマニュアル検索