PSO2 ニュージェネシス

ニュース

  • ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 7/26(火)放送の『NGS ヘッドライン』で紹介した質問やご意見につきまして

お知らせ

お知らせ

7/26(火)放送の『NGS ヘッドライン』で紹介した質問やご意見につきまして

  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
『NGS』

2022年7月26日(火)放送の公式番組『NGS ヘッドライン』内のコーナー「NGS Operation Report」で紹介した、ユーザーの皆さんから寄せられた質問やご意見に対する回答をまとめました。

番組内容につきましては、YoutubeもしくはTwitter Liveのアーカイブよりご覧ください。

番組内でご紹介した質問やご意見

1アークスエキスポ2022での来場者特典として配布されたアイテムコードについて、今後ほかの方法でも入手できる機会はありますか?

来場者以外の方にも、後日入手できるようになるプランを検討中です。
詳細が決まりましたらプレイヤーズサイトより告知が出ますので、お待ちください。

2タスクにイコライジングエネミーやカプタンを設定しないでほしい。

ご意見をいだきまして、7月の配信より、タスクのクリア対象から、イコライジングエネミーやカプタンは外す方針に変更いたしました。
今後のタスクも同じ方針で配信していく予定です。

36月のアップデートにて、新クラススキルが追加され、同時に一部クラスのバランス調整が行われましたが、まだクラスの強さに偏りがあるように思います。さらなる調整の予定はないのでしょうか?

8月のウェイカー配信後の状況を含め、10月にクラスのバランス調整の実施を予定しています。

詳細な調整内容をまだお伝えすることはできませんが、調整の予定はございますので、引き続きご意見をいただければと思います。

4新クラス「ウェイカー」について、なぜ『PSO2』のクラス「サモナー」から名称を変更したのでしょうか?

すでにお知らせしていますように、「ウェイカー」は「サモナー」とは似て非なるクラスです。

これまで、『NGS』で配信されたクラスは、『PSO2』の旧クラスの仕様を踏襲したクラスとして設計されました。
しかし、『NGS』用にアレンジされた部分もあり、その点について、『PSO2』の同クラスとの違いに戸惑われる方もいらっしゃいました。

そのため、今回、タクトを武器にしつつも、「サモナー」とは違う方向性の、まったく新たなクラスにする方針となった際に、同じクラス名のままだと、旧「サモナー」との違いに対して、これまでのクラス以上に、違和感を感じられる方が多くなることを懸念したため、名称もまったく違ったものを考案しました。

また、逆に『PSO2』の「サモナー」には興味を持たれなかった方にも、先入観なく、新たなクラスとして「ウェイカー」を知っていただきかかったというのも理由の一つです。

なお、「ウェイカー」をテーマにしたコスチュームですが、これまでのクラスのコスチュームが、白を基調としたカラーだったのに対して、赤を基調としたのも、これまでのクラスとの違いをより強調するためとなっています。

5ウェイカーの攻撃は、法撃依存でしょうか?それとも、ファミリアによって、打撃や射撃にもわかれるのでしょうか?

ウェイカーの攻撃は、タクト、ファミリア3種ともにすべて法撃依存になります。

フレドランやヴォルファーは、カラーや攻撃イメージが打撃や射撃にも見えますが、視認性を上げるためのグラフィック表現となり、すべて法撃依存になりますので、ご注意ください。

なお、攻撃依存先を変更する「スイッチスキル」のようなものの実装の予定はありません。

6クヴァリスでは、低いレアリティの装備が落ちないため、アイテムパックや倉庫が圧迫しないのが、非常によかったので、他のリージョンでも、同じような仕様にしてほしいです。

8月のアップデートにて、クヴァリス同様にエアリオとリテムに出現するエネミーについてもエネミーのレベルに対して低いレアリティの装備をドロップしづらくし、代わりにメセタがドロップするように仕様変更させていただく予定です。


公式情報番組『NGS ヘッドライン』では、皆様からのご質問やご意見を募集しております。
Twitter上でハッシュタグ「#NGSHeadline」を付けてゲームに対してや番組へのご質問やご意見をお寄せください。

今後とも『PSO2 ニュージェネシス』をよろしくお願いいたします。