KEYWORD/用語集

あ行

アークス
アークスとはオラクル船団に属する、ダーカーの殲滅を目的とした組織の名称である。そこに所属する人員も同名称で呼ばれる。
ウーダン
惑星ナベリウスに生息する原生種。猿のような見た目で非常に狂暴。長く太い腕で攻撃してくる。
エル・ア―ダ
高速で空を飛び回り襲い掛かる中型のダーカー。鋭い爪と毒針で攻撃してくる。

か行

カルターゴ
硬い翼で身を覆っている中型のダーカー。動きは遅いが、放たれるレーザーは強力。
ガンナー
軽量な射撃武器の扱いに長けたクラス。ツインマシンガンなどを使った近・中距離での戦闘が得意。
キャスト
機械によって構成された屈強な身体を持ち、継戦性に優れた種族。人工的な身体であるため、若干フォトンの扱いを苦手としているが、それを補って余りあるほどの精緻かつ強固な身体をウリとしている。
原生種
惑星ナベリウスに生息する生物の総称。昔はとてもおとなしく、近づいて手に触れられる個体もいたが、いつからか狂暴化してしまった。

さ行

三英雄
四十年前に起きたダークファルスとの戦いで著しい活躍を果たしたレギアス、カスラ、クラリスクレイスの三人を指す。六芒均衡が組織されてからは、その奇数番を務める。また、三英雄は襲名制であり、今代のカスラは二代目、クラリスクレイスは三代目である。
シュトゥラーダ
小さな鳥の姿をした小型のダーカー。鋭いくちばしで襲ってくる。

た行

ダーカー
フォトンを扱うものを敵とみなして襲いかかり、世界のすべてを侵食しようとする宇宙の敵。
ダーカー因子浄化能力
ダーカーが撒き散らす「ダーカー因子」を浄化する能力のこと。アークスの基本的な能力のひとつ。
ダーク・ラグネ
いくつもの巨大な脚を持つ、クモのような姿をした大型のダーカー。
ダークファルス
ダーカーを使役し統率する、ダーカーのリーダー的存在であり、アークス最大の敵。個体ごとに異なる意思を持つ。
ダガン
素早く這い寄り襲い掛かってくる小型のダーカー。群れで行動する習性を持つ。
テクター
高い打撃耐性を持ち、ウォンドを使った格闘戦を得意とするクラス。前線戦闘のみではなく、後方支援にも長けている。

な行

ニューマン
フォトンの扱いに長けており、その使役、適応に才を見せる種族。身体の脆弱さを補って余りあるフォトンに対する感応力の高さを見せ、その扱いに関しては他の種族の追随を許さない。

は行

白錫クラリッサNEW
シオンの助言に導かれ、アッシュが見つけた謎の武器。アッシュに依頼され、ジグが修復した。
ハンター
近接戦闘に長けたクラス。体内のフォトンを利用してダメージを軽減するなど、防御面に優れているのも特徴。
ヒューマン
全体的な能力のバランスに優れ、環境への適応能力が高い種族。身体の強さとフォトンへの適合力の釣り合いが取れており、あらゆるクラスに適応することが可能で、安定性に優れている。
ファイター
軽量な近接武器の扱いに長けたクラス。高い攻撃能力を活かした超近距離での戦闘が得意。
フォース
フォトンを用いた戦闘技術「テクニック」の使用に長けた、遠距離戦闘向きのクラス。
フォトン
大気中に存在する粒子。オラクル船団では日常的に利用されており、照明からアークスシップの航行用エネルギーまで幅広く使われている。

ら行

レンジャー
射撃武器による攻撃を主とする、中距離での戦闘が得意なクラス。
六芒均衡
アークスのトップであり、組織の象徴とも言える存在。奇数番を務める三英雄と、それに匹敵する能力を持つ三人を加えた六人で形成される。欠番があった時代もあり、常に六人が揃っているわけではない。

わ行

惑星ナベリウス
水源が多く、緑の豊かな惑星。自然森林が広がっているが、その先が急に凍土になっているなど、異常な環境になっている。

その他

七十四番艦
アッシュ、アフィンの出身であるアークスシップ。十年前、ダーカーの襲撃により甚大な被害を受けた。
百二十八番艦「テミス」
刀匠ジグのいるアークスシップ。突如ダーカーの襲撃を受ける。

©SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

今すぐ遊ぶ!基本プレイ無料!