対応状況リスト

戦闘 対応完了

ブレイバーの戦闘バランス調整につきまして

2020年3月25日(水)の更新にて、仕様の変更が行われております。
詳細は下記の内容をご確認ください。


開発チームから、2020年3月下旬のアップデートで予定しているブレイバーの戦闘バランス調整に関してお知らせいたします。

2020年3月下旬のアップデートで予定しているブレイバーの戦闘バランス調整

クラススキル「カタナギア」未解放状態において、与ダメージ上昇効果が現在の解放状態を上回るように仕様を変更します。
解放状態においては、追加の上方修正はありませんが未解放状態の上方修正により、威力が底上げされ解放状態の時も与ダメージが上昇します。
上記の上方修正にあわせて、常に解放状態とならないよう、「カタナギア」の上昇量を全体的に下方修正します。

  • 「カタナギア」未解放状態において、ギアゲージ量に応じた与ダメージ上昇効果を上方修正します。
    ギア0の時、与ダメージ+35%
    ギア1の時、与ダメージ+38%
    ギア2もしくは解放状態の時、与ダメージ+40%
    • ※解放状態では、上記の与ダメージ上昇効果に加えて、従来の打撃力上昇効果が適用されます。
  • カウンターおよびカウンターエッジにおいて、ギアゲージ量や解放状態によって威力が変化しないよう仕様を変更します。
    • ※調整後の威力は、調整前の最大威力と同じ値になります。
  • カウンター発動時、「カタナギア」解放が行われない場合にギアゲージを消費しないよう仕様を変更します。
  • クラススキル「カタナギアブースト」において、「カタナギア」未解放状態でもPP自動回復量と攻撃時PP回復量が上昇するように仕様を変更します。
  • クラススキル「ブレイバーコンビネーション」において、カタナまたはバレットボウ装備時にクリティカル率+50%効果を追加します。
    • ※カタナの場合、「カタナギア」未解放状態においてもクリティカル率が上昇するようになり、 解放中はさらに+50%されるようになります。
      ※バレットボウの場合、スキル習得後は「カタナギア」の解放状態の影響を受けず、常にクリティカル率が+50%されるようになります。
  • 「カタナギア」において、クエスト開始時にギアゲージが最大状態となるよう仕様を変更します。
  • 上記の調整にともない、通常攻撃やフォトンアーツ、潜在能力効果など「カタナギア」の上昇量を下方修正します。
    • 対象となる潜在能力および特殊能力
      • 潜在能力「風視の太刀」「風視の太刀・改」において、ギア上昇量を下方修正します。
      • 潜在能力「煉獄紅蓮」において、カウンター成功時のギア上昇量を下方修正します。
      • S級特殊能力「S4:刃機放縮」において、ギア減少速度の低下量を下方修正します。
      • S級特殊能力「S5:反撃鋭刃」において、カウンター成功時のギア上昇量を下方修正します。
      • S級特殊能力「S6:機魂の守護」において、カタナ装備時のギア上昇量を下方修正します。(2020年2月25日 21:30追記)
    ※通常攻撃およびフォトンアーツは、すべて調整が行われます。

今後の更新に向けて対応を進めておりますので、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。