対応状況リスト

システム 対応完了

緊急クエスト「採掘基地防衛戦」で動作が重くなる場合がある

2014年4月23日(水)更新にて、仕様の変更が行われております。

  • 緊急クエスト「採掘基地防衛戦」において、通信負荷対策としてクエストクリア時のコンテナからドロップする内容に以下の調整を行います。
    • レアリティ★11の武器のドロップ動作については変更はありません。
    • クエストクリア時のコンテナからドロップするアイテムの総数を削減し、その総数内においてレアリティ★10以下のアイテムについてはレアリティの高い順にドロップされるように変更します。
    • エネミーからドロップしたメセタのドロップシンボルの個数を削減します。
      この変更により、ブースト効果を含めたドロップするはずのメセタは、複数のドロップシンボルにまとめた状態でドロップするようになります。
      ※該当するクエスト以外のドロップについては、変更ありません。

緊急クエスト「採掘基地防衛戦」で動作が重くなる場合があるとのご報告をいただいております。

調査の結果、クエストクリア時のコンテナから出現するドロップシンボルの数が多いため、サーバーの負荷が高くなってしまう現象が発生していることが確認されました。

こちらに関しまして、ドロップの仕様を変更する以外での対策を慎重に検討いたしましたが、仕様変更しないままでの負荷軽減は困難であるとの結論に至りました。
つきましては、誠に申し訳ございませんが、サーバー負荷軽減のため、クエストクリア時のコンテナから出現するドロップシンボルの数を削減する、以下の下方修正を含む仕様変更を予定しております。

  • レアリティ★11の武器のドロップ動作については変更はございません。
  • クエストクリア時のコンテナからドロップするアイテムの総数を削減し、その総数内においてレアリティ★10以下のアイテムについてはレアリティの高い順にドロップされるように変更いたします。

    ※「採掘基地防衛戦」では、クエスト中に発生したボス以外のエネミーからのレアリティ★10以下のドロップアイテムすべてを一時ストックしています。
    そして、クエストクリア時のコンテナを破壊した際に、クエスト評価+ランダムで決まる出現アイテム総数の上限まで、ストックの中からランダムでアイテムを選出し、ドロップが発生する仕様に現状なっております。

    これに対して、出現アイテム総数を削減する代わりに、今まで無規則だったストックの中からのアイテムの選出をレアリティの高い順で選出することにより、結果、レアリティの高いアイテムはドロップしやすく、レアリティの低いアイテムはドロップしづらくなります。

  • エネミーからドロップしたメセタのドロップシンボルの個数を削減いたします。
    ブースト効果を含めたドロップするはずのメセタを複数のドロップシンボルにまとめた状態でドロップするようにいたします。

    ※メセタの平均獲得総額については変更はございません。
    なお、メセタのドロップ数については上記エネミーからのドロップとは別にクエストリザルトの評価に応じたコンテナ報酬によって個数が増加する場合があります。

対象となる緊急クエスト

「採掘基地防衛戦:襲来」「採掘基地防衛戦:侵入」

なお、対象クエスト以外のドロップ挙動については、変更はございません。

皆様にはご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。